フランチャイズで新規出店

近年フランチャイズで新規出店するお店が増えてきていますよね。地方のコンビニなんかは新規出店で個人営業のお店を出す人は少なく、企業のフランチャイズとして看板を出して経営している人がほとんどです。お弁当屋なんかもフランチャイズで出すお店が多く、そのブランド力の強さから開業後上手く営業しているお店が非常に多いです。

ではフランチャイズで出店すると具体的にどういった点がメリットなのだろうか。

フランチャイズの大きな良さは短期間のスピード展開によって事業を拡大することができ、成長も早いといった点があるでしょう。高いブランド力を武器に認知度によって安定した運営を獲得でき、また調達コストが低減されるために価格競争力が一層高まる点もポイントです。また独立事業主それぞれが取り組むことで事業成功率が高まりますし、市場情報や成功ノウハウについてもフランチャイズの傘下の店で共有することができるので、最新情報やトレンドを掴んだ柔軟な対応ができる点が魅力と言えるでしょう。

逆に直営店だと資金調達力が低くて多店舗展開が難しく、ブランディング展開が困難であるためスピード展開も難しいでしょう。

フランチャイズは本部が基本的な営業政策を行うのみで、実際の店舗の創意工夫はここの加盟社が行うことになります。つまり直営店と比べても自由度が非常に大きいということが言えます。フランチャイズは企業の商品やサービスを販売し、有名な看板と広告戦略ができる上に、頑張れば頑張るほど自分の収益につながりますし、脱サラして開業する人も多く、一生かけて加盟するような人もいます。

そしてフランチャイズは加盟店からのロイヤリティが本部の収益になりますが、直営はお店の収益がそのまま会社の収益になっていきます。

きっとお店を開かれる方は「将来こんなお店を出したい」という強い夢を持って資金を貯め、そして強いこだわりのもと出店される方が多いでしょう。しかし現実問題として、新規出店したお店で独立事業主の場合は75%の人が5年以内に閉業しています。つまり大半の人が失敗しており、その原因がブランド力やノウハウ、広告戦略といった総合的な経営能力が足りなかったということがあります。
これらを最初から全て網羅しているのがフランチャイズであり、企業の経営能力を伝授したもらった上で安定した営業を行っていけるので、正直長くお店を確実に回していきたいのであればフランチャイズが良いでしょう。しかしこだわりのある自分のお店を出したい、また自分の経営力で勝負したいという人もいらっしゃるでしょうから、出店して何を達成したいのかというビジョンを明確にした上で、必要とあらばフランチャイズとして加盟するのが良いかもしれません。

234981

フランチャイズ募集を見る